キャッシングの限度額っていくらなの?

2010年6月18日から上限金利の引き下げと総量規制が開始されました。総量規制とは、年間の収入の3分の1を超える貸し付けを禁止とした条例です。

年収が100万円の方なら30万円まで、300万円の方なら100万円までまでしか借り入れが出来ない事になります。年収によって借り入れ限度額が変わります。

年収の3分の1と言われてもまだ分からないことがあります。例えば、クレジットカードを買い物で利用しているがそれも総量規制にあたるのか、車を購入し自動車ローンがあるとキャッシングが出来ないのか。

考えるとたくさん出てきます。キャッシングを利用するにあたり限度額と、どのようなローンが総量規制に含まれるのかは知っておいて損はしません。

自動車ローンや住宅ローンは総量規制に含まれません。住宅ローンで年収の3分の1以上借り入れがあってもキャッシングには問題ありません。

クレジットカードをショッピングで利用した時も分割やボーナス払いですとカード会社から借りる形となりますが貸金業法には当たりません。しかし、クレジットカードでキャッシングをすると総量規制に含まれます。

総量規制の導入により、個人の借り入れなどの信用情報が全て管理される様になりました。消費者金融などでは、それらの情報を見て年収の3分の1までの借り入れ限度額の計算を行っています。