キャッシングの限度額っていくらなの?

2010年6月18日から上限金利の引き下げと総量規制が開始されました。総量規制とは、年間の収入の3分の1を超える貸し付けを禁止とした条例です。

年収が100万円の方なら30万円まで、300万円の方なら100万円までまでしか借り入れが出来ない事になります。年収によって借り入れ限度額が変わります。

年収の3分の1と言われてもまだ分からないことがあります。例えば、クレジットカードを買い物で利用しているがそれも総量規制にあたるのか、車を購入し自動車ローンがあるとキャッシングが出来ないのか。

考えるとたくさん出てきます。キャッシングを利用するにあたり限度額と、どのようなローンが総量規制に含まれるのかは知っておいて損はしません。

自動車ローンや住宅ローンは総量規制に含まれません。住宅ローンで年収の3分の1以上借り入れがあってもキャッシングには問題ありません。

クレジットカードをショッピングで利用した時も分割やボーナス払いですとカード会社から借りる形となりますが貸金業法には当たりません。しかし、クレジットカードでキャッシングをすると総量規制に含まれます。

総量規制の導入により、個人の借り入れなどの信用情報が全て管理される様になりました。消費者金融などでは、それらの情報を見て年収の3分の1までの借り入れ限度額の計算を行っています。

毎月やってくる返済について

銀行からのカードローンの場合は毎月10000円ずつ自動的に口座から引き落としされるよになっています。口座に残高がなかった場合、督促などは特に来ることはなく、次にその口座に入金した際に自動的に返済にまわされる仕組みになっているようです。例えば給与が20万入金された場合に残高が19万になるということです。毎月返済するとお金が足りなくなりそうな時は返済日以降にまた借入をして乗り切る方法が一番いいかと思います。返済日を過ぎてから借入すると返済した分がまた借りられる金額に足されることになり借入可能額が増えます。また、銀行のカードローンでも次々の返済だけではなく返済できるときにATMから返済が出来るようになっています。

キャシングの返済の場合、複数の会社からキャシングしている場合には弁護士に任意整理を依頼してキャシングを一本化してもらのが一番いい方法ではないかと思います。違法な金利で返済していた場合過払い金も戻ってきます。弁護士が介入することによって債権者から直接督促状や督促の電話などが一切来なくなります。そして、弁護士事務所に毎月決まった金額を支払っていくことになり、毎月の返済額もかなり減らすことが出来ます。