自転車の法律の改正に関するニュースの考察

自転車に乗る際は基本的に免許が必要がなくて、今までは原付バイクや自動車を運転するよりも法律的には厳しくなかったです。しかし、最近になってお酒を飲んで自転車を運転したり、夜間での無点灯などの不法行為を行なっていて、様々なトラブルに発展するニュースを見ました。

今年の6月から自転車の法律が厳しくなって、基本的にお酒を飲んで危険運転をする行為などが原因で、トラブルなどに巻き込まれた場合は法律の改正前より厳しい刑罰を受ける事になります。自転車に乗っていた時に、赤信号を無視したり、危険運転をすると数千円以上の罰金を納入する可能性が高くなります。また、笠を差しながらの運転も危険行為として罰則を受けます。

安全運転のために、子供を中心に運転の講習も課せられる法律も義務化されて、歩行者に対する安全を重視した法改正になると思います。フリーローン審査

自転車は二輪の状態として安定しないので、運転者の安全を守るためにもこれまで蔑ろにしてきた法律の強化は良い事であると思います。車両の一種なので、スピードが出ている場合に歩行者にとっても迫ってくる時に脅威であると感じます。全ての人に安全に道路を使用してもらうために、交通マナーを守る事を意識して、トラブルが少なくなるなどの良い方向に向かえば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です