派遣法案改正で、待遇は良くなるのか

派遣法が改正され、話題となっています。

今までは同じ業務を3年過ぎても派遣社員に行わせている場合、その仕事を正社員にまかせるか、もしくはその仕事をしている派遣社員を正社員にしなくてはいけませんでした。

ですが改正により、同じ仕事でも派遣の人を3年ごとに変えれば、その仕事は派遣にずっと委託できるので、派遣の雇い止めなどが減る…というものです。

しかし実際にこれらの仕事はグレーゾーンが多く、一部の会社は今まででも事務の大半は派遣がずっと行っているというのも珍しくありません。

会社側としてこの改正が便利な点は、せいぜい派遣に委託できる業務について、建前がなくなったという程度ではないでしょうか。実際派遣で、3年勤めたので正社員になりましたというお話はほとんど聞くことがありませんし、その仕事を正社員に任せるようになりましたという話を聞くこともまずありません。

一部の意見としては、正社員との格差がまたつくだけなので、正社員を増やすのではなく派遣の待遇を上げるべきだというものもありましたが、会社側としてはそんなリスクは増やしたくないでしょう。

「派遣の人のための派遣法案改正」だという建前ですが、実質的には会社側に有利な改正でしかないようです。カードローン即日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です