円安を喜ぶ人が多いが。

日本は民主党政権時には、円高に悩まされており、それがデフレの要因ともなっていました。そして、2013年の安倍政権依頼は、アベノミクスという金融政策が行われ、現在では円安が進んでいる情況です。

そして、最近は1ドル120円台を突破しており、円安が以前に増してますます進んでいます。それから、円安になると良いニュースを聞くことも増えます。それは、日本製品を海外の人に安く買ってもらえるからです。また、外国人観光客にしても同じ事が言えます。

つまり、円安になれば外需の獲得が出来ます。そして、それを逆に考えると日本が海外から物を輸入するときは、負担が大きくなるという事です。事実、その影響は多くの場面で見られ、食料品の価格などに転嫁されているようです。

特に、日本は食料品の自給率が極端に低く、食料品の値上げは避けられない情況となっています。また、日本の経済全体を見ていくと、GDPの9割が内需となっており、日本は内需大国と言えます。その中で、円安を進めるのはデメリットが生じるのも事実です。

そのため、円安もメリットが有るのも事実ですが、日本の経済状況の場合は、デメリットも大きく受けやすいシステムとなっています。主婦キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です